実習ピックアップ

実習ピックアップ

私たちが用意する豊富な病院実習メニューの中から、ここでは5つのメニューをピックアップし、実際に実習を体験した先輩たちの実習体験談を紹介します。あなたの実習メニュー組み立ての参考にしてください。

実習生からの声 出身大学 病院実習期間
救急車当番
救急車当番
  • 琉球大学5年
  • 2017年夏

CPAの患者さんへの対応を初めて見学。到着前に役割分担をし、シュミレーションを行っており、実際に患者さんの到着時にそれが活かされ、チームワークの良さを感じました。

  • 岐阜大学4年
  • 2017年冬

初期研修医1年目の医師が、受け入れを行い、読影や検査のオーダーなどを上級医に任されていたのが印象的でした。早い段階から主体的に研修医が行っていることがわかりました。

訪問診療
在宅往診
  • 帝京大学4年
  • 2017年夏

実際に家に行き、患者さんとその生活背景を直接見ることができることができ、病院での診療よりも、より患者さんを理解することができました。

  • 東北大学2年
  • 2017年冬

地域のニーズに沿った形を提供していると思った。訪問した際は、身体のことだけでなく、患者さんの精神状態や言語機能、家族の心のケアなども兼ねていて、すばらしいと思いました。

当直
当直
  • 日本大学4年
  • 2017年夏

研修医のイメージは医師の後ろで見るというものだと思っていたので、実際に当直では1人で診たり、患者さんへの説明を行っていることに驚きました。

  • 山形大学1年
  • 2017年冬

本当に色々な症状の患者さんがいらして、複数の科を横断した技術や知識が必要とされていると実感できました。診断の根拠や疾患について説明いただきとても勉強になりました。

内科外来
内科外来
  • 熊本大学2年
  • 2017年夏

医師として3年目で、一人でここまで出来るようになるんだという一つのビジョンになりました。患者さんが家に帰られた後の生活まで想像することの大切さを理解できました。

  • 東北大学5年
  • 2017年春

実習中あまり患者さんが多くなく、その分1人1人についてゆっくりと解説していただけました。総合診療に力が入っていて、地域に根差した病院だという感じがしました。

手術
手術
  • 東北大学5年
  • 2016年春

手術前の回診を一緒にまわるとき、個々の患者さんの病状など簡潔に説明していただき、縫合の仕方や抗菌薬投与などの質問にも分かりやすく答えてくださり勉強になりました。。

  • 東北大学3年
  • 2016年秋

希望する外科を集中的に、手術までしっかりと見学させていただき、どれだけ大変かも経験できました。手術の内容や体内の構造の説明も、とても分かりやすく印象に残っています。

全体を通して
  • 東北大学3年
  • 2016年夏

設備や病棟の設計など、患者さんへの配慮が想像以上でした。研修医の先生方の声や、聞きたかったことを聞けた貴重な時間でした。

  • 岡山大学5年
  • 2016年夏
研修医の先生方の活き活きとした様子を、間近で見ることができました。1学年の人数が約10人と多いことによって、お互いに支え合ったり、上級医に聞きやすかったりというメリットも感じました。忙しいながらも2年間でしっかり成長できそうな病院です。