研修スケジュール (基礎研修プログラム・2年間)

プライマリケアを重視し、基礎的総合力の獲得を目指した初期研修プログラム。最大の特徴は呼吸器・循環器・消化器・脳神経を3ヵ月ずつじっくりと回る内科研修と、通年型で行なう救急・訪問診療・内科外来研修で、当院の特性を生かした地域密着型の研修を実施しています。指導医の多くは当院での研修後に外部専門機関で専門研修を受け、共通する指導基盤と高い専門性を両立。研修専任の事務担当も配置し、充実したサポート体制を確立しています。

ローテート例

ローテート例
1年目
1年目

約2週間の導入研修は、2年間をともに過ごす同期同士のつながりを強める特別な期間。指導医や先輩からは、病棟配属後すぐに必要な基礎的知識や手技とともに、コンサルトのノウハウなどを学び、コメディカルからはチーム医療の大切さとそれぞれの役割を学びます。

導入研修終了後は4つのメジャー科(循・呼・消・外)からローテート研修がスタート。指導医や上級医とともに、入院患者さんの担当医として病棟での診療にあたります。

2年目
2年目
1年目に獲得した臨床能力をベースに、マイナー科の研修がスタートします。後輩の初期研修医も入職し、屋根瓦式のサポート体制により、1年目研修医からアドバイスを求められる場面も。教えることで知識を深め、足りない部分を実感する。2年次にはそんな側面もあります。定期的な研修総括を行い、研修必須も到達すれば、3月末に研修修了証が授与されます。

1年目・2年目研修を体験して

木葉 大地
担当医としてファーストコールに対応自分の中に治療方針をもつように

木葉 大地 山形大学卒業  2019年入職

1年目でも担当医として「どうしたら良いですか」と相談が来ます。そこで自分で考えながら指導医と相談し、方針を決めていくことが自分の力になっていると感じています。また、ある時、指導医から「関係するコメディカルスタッフと相談するといいよ」と言われ、顔を合わせて相談し、治療方針を共有するようになりました。結果的にカンファランスでも自信をもってプレゼンテーションすることが出来るようになりました。1年前にはうまくイメージできなかった当直での対応もいつの間にかできるようになっています。2年目からは、救急車の対応をしっかり2カ月間、経験できることが楽しみです。

篠崎 英恵
総合的に診るプライマリケアの現場でソーシャルワーカーや看護師と連携

篠崎 英恵 金沢大学卒業  2018年入職

後輩が自分で疑問点に気づきやすいように、そして話しかけやすいように、と心掛けています。1年目は目の前の業務に追われていましたが、2年目には病院での医療だけでは解決しない、在宅医療における問題点にも気づけるようになりました。退院後の身体機能に即した生活環境や、介護者の状況、介護サービス、など様々あります。環境へのケアという感じです。ソーシャルワーカーや看護師、薬剤師など多くのスタッフと連携し患者さんにとっての最善を考えています。まだまだ足りないことを痛感しながらも、家庭医を目指して、患者さんとご家族にとってより良い医療に精通していきたいと考えています。