研修スケジュール (基礎研修プログラム・2年間)

プライマリケアを重視し、基礎的総合力の獲得を目指した初期研修プログラム。最大の特徴は呼吸器・循環器・消化器・脳神経を3ヵ月ずつじっくりと回る内科研修と、通年型で行なう救急・訪問診療・内科外来研修で、当院の特性を生かした地域密着型の研修を実施しています。指導医の多くは当院での研修後に外部専門機関で専門研修を受け、共通する指導基盤と高い専門性を両立。研修専任の事務担当も配置し、充実したサポート体制を確立しています。

ローテート例

ローテート例
1年次
1年次

約2週間の導入研修は、2年間をともに過ごす同期同士のつながりを強める特別な期間。指導医や先輩からは、病棟配属後すぐに必要な基礎的知識や手技とともに、コンサルトのノウハウなどを学び、コメディカルからはチーム医療の大切さとそれぞれの役割を学びます。

導入研修終了後は4つのメジャー科(循・呼・消・外)からローテート研修がスタート。指導医や上級医とともに、入院患者さんの担当医として病棟での診療にあたります。

2年次
2年次
1年次に獲得した臨床能力をベースに、マイナー科の研修がスタートします。後輩の初期研修医も入職し、屋根瓦式のサポート体制により、1年目研修医からアドバイスを求められる場面も。教えることで知識を深め、足りない部分を実感する。2年次にはそんな側面もあります。定期的な研修総括を行い、研修必須も到達すれば、3月末に研修修了証が授与されます。

1年次・2年次研修を体験して

後藤 恵
主治医として診て対応できないときは2年目研修医や上級医の先生方に相談

後藤 恵 山形大学卒業  2016年入職

ほどよい規模で研修医11人。診療科の壁がないことから研修先に選びました。4月末からは入院患者さん数人を受け持ち、毎日1人で診て前日より良い悪いを判断します。対応できないときは2年目の先生に相談。受け持ちが多く手が回らなくなったときは、上級医の先生がフォローしてくださって「こうした方が良かったかも」といったアドバイスも。ベテランのコメディカルの方々には何度サポートしていただいたか分からないほどです。

京 吉彦
訪問診療は2年間で約50往診20年以上の経験豊富な看護師と訪問

京 吉彦 秋田大学卒業  2015年入職

主治医として責任をもつ経験が初期研修で重要だと考え、研修先に選んで2年が経ちました。上級医は過保護過ぎず、自分で考えて方針を決定することができ、主体的に診療に取り組めます。病院で研修をしながら訪問診療ができるのも、地域に密着した病院ならでは。最初の往診は、指導医と看護師と3人で。4回目からは在宅専門のベテランの看護師と往診しています。2年間継続して診断や治療方針を確かめられる機会も貴重です。

萩原 達也
1年目研修医を指導しながら自身の治療の判断基準も養っていく

萩原 達也 東北大学卒業  2015年入職

後輩に教えることで、1年目になんとなくしていたことが2年目で着実な力となっています。また、2年目研修医として治療方針などを考える機会も多く、困ったときは指導医からのサポートがある環境です。僕はガムシャラに行く性格なので、「少し焦り過ぎ」と言われたり、2年目になり自信が付く一方で傲慢になる部分を押さえて頂いたり、研修医それぞれの性格に合わせてサポートしてもらっています。