高校・予備校 看護学生 初期 看護学生 後期 新人教育プログラム キャリアアッププログラム

高校時代の看護師体験を通して、
一層強くなった看護師になりたい気持ち。

鈴木理恵さん
宮城大学 2014年卒

 高校生の時は毎年、坂総合病院の看護師体験に参加し、車いす体験や患者さまの食事介助、おむつ交換などを体験しました。特に心に残っている食事介助では、食べるのを手伝うだけでなく、患者さまへの声がけの仕方や、食事を楽しめるようにするための工夫の大切さを学びました。この時学んだことは、看護師になったいまでも変わらず大切にしています。
 高校時代の看護師体験を通して、患者さまを手助けし、人の役に立つことのできる看護師の仕事に魅力を感じ、看護師になりたいという気持ちが一層強くなりました。大学の看護学科の場合、一般入試にも面接試験が採用されていることが多くあります。看護師体験をしておくことは、看護師という仕事への理解や意欲が増すだけでなく、面接試験の際にも大きなアピールポイントになるのではないでしょうか。
 看護師は、たくさんの人との出会いや関わりを通して成長することのできる、やりがいのある仕事だと思います。高校生や予備校生の皆さん、素敵な看護師をめざして頑張ってください。夢の実現はもうすぐですよ。

  • ステップ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5