ごあいさつ

病院や診療所での外来・訪問診療、救急対応
幅広い臨床経験を積める2年間です

総合診療・地域医療重点プログラム責任者佐々木 隆徳

ごあいさつ

コモンディジーズのような頻度の高い疾患や、緊急性が高い救急疾患、慢性疾患などに幅広く対応できる総合診療医を考えている人を対象とするプログラムです。具体的には、病院や診療所での外来診療、救急対応、重症対応、訪問診療など、どのような症例にも対応する経験を重視しています。指導は、日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医、家庭医療専門医、総合診療専門医特任指導医があたり、指導医とともに週1回振り返りを行います。

2年間のうち1年が同じ指導医となる一貫した指導体制で、後期研修の「総合診療専門研修プログラム」に進む場合も指導医が共通していますから、組織理念や文化もシームレスな環境です。