宮城民医連の奨学生制度

奨学生制度について

ゆとりをもって学ぶための支援と民医連のめざす看護の継承者育成

民医連のめざす看護は、すべての人が人間らしく、その人らしく生きていくことをあらゆる場で援助する無差別・平等の看護です。
「いのちの平等」と「いつでも、どこでも、だれもが安心できるよい医療と福祉」を目指す活動に賛同できる看護学生を対象に勉学を援助する制度です。

学習会や体験企画を通して、地域や患者・自分を取り巻く状況を敏感にとらえ、真の患者中心の医療実現を目指す民医連看護の後継者育成を目的としています。

*奨学生制度に関するリーフレットをダウンロードしてご覧いただけます。
奨学金支給
*対象者:民医連の理念に共感し、患者・地域住民の立場に立つ医療をめざす看護学生

貸与額…奨学金 月額50,000円

期間は4年制の看護大学は最長4年間、3年制の短大・専門学校の方は最長3年間、進学コースは2年間を基本とする。助産師学校への進学は1年間とする。
内容
*看護学校(准看護師養成学校を除く)を卒業後、宮城民医連・宮城厚生協会に看護師として勤務できる看護学生に対して、その就学援助資金を提供します。
★返済免除型です。貸与期間と同期間以上の勤務で返済免除となります。

*日本学生支援機構の奨学金と併せて利用できます。

★看護学校入学時(合格通知が来た時点で申し込み可能)や年度途中からも応募できます。
特典

*認定看護師講師の学習会、外部講師による国家試験学習会やインターンシップ看護体験などの各企画に無料で参加できます。

 

*東北6県の奨学生交流会で他県の看護学生とも交流ができます。宿泊・交通費も含めて無料で参加できます。

 

*宮城厚生協会の病院・診療所を利用した際の外来医療費の一部負担を免除します。

*いつでも元気、民医連新聞などを定期的に学習教材として無料で支給します。

奨学金規定

*奨学金返済について
奨学金を受けた期間と同期間、宮城民医連内の指定医療機関で就労することにより返済を免除する。但し、宮城民医連内での就労を希望されない場合および、就労年数が受け取り年数に満たない場合は、残金の一括返済(支給金額に法定利息3%を含む)となります。

*奨学生の人数

  看護学生、助産学校、それぞれ卒年毎の定員枠があります。

 

申し込み方法

<申し込み方法>
下記お問い合わせメールフォーム、またはお電話で看護学生室までご連絡ください。
<申し込み後の流れ>
①坂総合病院にて奨学生制度の説明(県外の方はWEB)・必要書類のお渡し・統括看護部長との面接日設定(約1時間ほど)。
②応募書類(願書・誓約書・印鑑証明書・履歴書・在学証明書(合格通知書)・成績証明書・作文・アンケート用紙 )をそろえて返送いただきます。
※奨学金は振込みのため、ご本人名義の口座が必要です。
③適性検査・統括看護部長との面接(県外の方も来院いただきます)
※面接の前に、応募書類の確認と補足説明があります。
※所要時間は、合わせて2時間ほどとなります。
④健康診断
⑤判定会議後に合否の連絡をさせていただきます。

*高校生の方は、進学する看護学校(准看護師養成学校を除く)の入学が決定し、入学を証明できるものをご準備いただけた時点でお申込み可能です。
*看護学生、助産学校の方は、年度途中でも申し込み可能です。