ごあいさつ

みちのく総合診療医学センターによせて

藤沼 康樹
医療福祉生協連家庭医療学開発センター長
日本プライマリ・ケア連合学会 理事
みちのく総合診療医学センター・アドバイザー

2011年3月11日以降、日本プライマリ・ケア連合学会による震災被災地支援プロジェクト(PCAT)に関わるなかで、被災地の医療、保健医療福祉にかかわる復興のためには、たくさんのジェネラリスト医師が必要だということを痛感していました。そして、この度「みちのく総合診療医学センター」の設立準備にかかわらせていただくと同時に、私のこれまでの家庭医療や総合診療に関する診療・教育・研究の経験を生かせる場を東北にもつことができてたいへん感謝しています。

 このみちのく総合診療医学センターは、塩竈市の地域医療支援病院である坂総合病院を中心として、中小の地域病院、診療所も含めた教育フィールドをもち、救急医学、病院総合診療、家庭医療、在宅医療など、東北の総合診療を担う様々な分野を担う医師を育てることを目指しています。そして、東北の総合診療に携わる医師の対話と学びの場を形成していくことも展望しています。また、地域の健康度を向上させていくような、地域医療の現場から発信する研究も計画中です。

東北のプライマリ・ケアや地域医療に関心をもつ様々な方たちとの新しい出会いを期待しています。

ページの先頭へ↑

サイトポリシー